塩結びの宿 岩戸館
ご予約・お問い合わせ

岩戸館について

昔ながらの塩作りで、心と体にやさしいおもてなし。

水分とにがり分を塩の中に焼き切ってしまった後で出る旨味。
ただただあたり前に、祈りを込めまっすぐに向き合った正直な塩。

岩戸の塩

日本人の心と身体の基礎をつくる食べ物は米・水・塩

日本人は昔から、神棚に米、水、塩をお供えします。また、風邪をひいたり病気になったりするとお粥を食べます。これも米と塩と水で出来る食べ物です。
昔の人々は自分たちの心や身体に必要な物を知っていて後世に文化や風習として残したのではないでしょうか。
昔ながらの伝統的な手法にこだわる岩戸の塩の美味しさの秘密をご紹介します。

塩作りの行程 〜 岩戸の塩ができるまで 〜

工程1 海水2トンを汲み上げる

海水を汲み出す場所は神前海岸(こうざきかいがん)。かつては神宮の御塩もこの海岸からの海水で作られていました。
水を汲む場所の条件は3つ。「山の水と海の水が交わるところ」「山と海の間に工業地帯がないこと」そして「砂浜があり水が浄化されること」です。

神前海岸

神前海岸は神宮林からの伏流水と海水のまじわる所で、満ち潮時にその海水を汲み上げます。

工程2 薪を割る

薪

使用するのは塗料のついていない木材。薪割りも大切な工程のひとつ。使用するのは1日約200kg。
壁一面に積み上げられた薪も、3日と持ちません。

工程3 海水を煮詰める

鉄製の登り窯に汲み上げてきた海水を入れ、15時間をかけてじっくりと結晶化させていきます。
使うものは海水、鉄平釜、薪のみでバーナーなどは使いません。じっくりゆっくりが基本です。

海水を煮詰める

工程4 塩を焼く

にがりの主成分である塩化マグネシウムは苦味があるのが特徴です。そのまま残すととても苦く感じますが、そのにがり分を最後まで焼ききってしまいうとその苦味は旨味に変わり、味がまるくなり甘みさえ出てきます。
これはマグネシウムが熱され酸素と触れる事によってアルカリの性質に変化したためです。岩戸の塩が黄色がかっているのもこのマグネシウムや鉄分の化学変化によるものです。
途中まで白かった塩が仕上げの最後に黄色に変化します。それをさらに焼きあげる事によって淡いクリーム色に変化します。

塩を焼く

塩を焼く

「塩」というものはその生産者の考えによって製法、味、成分など本当に様々です。ですが、大切なのは心を込めて作る事です。急いで仕上げようとすると仕上がりも粗くなります。やさしく丁寧に仕上げるとやわらかくきめの細かい美味しい塩が出来上がります。